• HOME
  • 事務所案内
  • 弁護士紹介
  • 事例
  • よくある質問
  • 弁護士費用

KURIBAYASHI SOGO

KURIBAYASHI SOGO

03-3539-2555
お問い合わせフォーム
  • Home
  • About Us
  • Lawyers
  • Case Study
  • Q&A
  • Legal Fees
HOME > 弁護士費用

弁護士費用

弁護士費用
初回相談料 1時間あたり2万円(消費税別)
*相談に来られる前に英文契約書をお送りいただければ、事前に契約書の内容を確認した上で、その内容について詳しく相談に応じることができます。
*初回相談を経て見積書を作成致します。見積金額及び業務内容について了解を得て、委任契約書を作成させて頂きます。報酬金額の小さなものを除き、委任契約書の締結又は見積書への了解によってはじめて報酬が発生します。

英文契約書の作成、チェック、翻訳

私達の事務所では、見積書を作成し、弁護士報酬の金額を明示します。依頼の手続は次の通りです。

電話またはeメールでの問合せ

見積書の作成

委任契約書作成

英文契約書の作成、チェック、翻訳作業

納品

標準的な英文契約書の作成等についての弁護士報酬の基準
英文契約書の作成1ページ当たり1万5000円から2万円(消費税別途)
英文契約書の和訳1ページ当たり1万5000円から2万円(消費税別途)
英文契約書のチェック1ページ当たり1万5000円から2万円(消費税別途)

*価格は上記の金額の範囲内において、1ページあたりの文字数や英文契約書の内容(複雑さや商品・サービスの特殊性)によって定められることになりますので、ご相談ください。

英文契約書の内容が複雑で、相手方との協議を重ねながら契約書を作成していく場合

タイムチャージによる請求となります。タイムチャージの標準金額は次の通りです。

パートナー弁護士1時間当たり3万円(消費税別途)
アソシエイト弁護士1時間当たり2万円(消費税別途)
パラリーガル1時間当たり1万円(消費税別途)

各取扱い事例における報酬の例
英文の秘密保持契約書(英文で2ページ)を作成しました。弁護士費用
5万円(消費税別途)
定款の英訳(和文で7ページ)を行いました。弁護士費用
10万円(消費税別途)
英文のライセンス契約書を作成しました。弁護士費用
20万円(消費税別途)
外国の判決文(英文)を日本語訳し、海外の訴訟への対応につき、将来的な見通しを踏まえ、戦略及び方針に関する法的アドバイスを行いました。弁護士費用
75万円(消費税別途)
英文の秘密保持契約書(英文で2ページ)のリーガルチェックを行いました。弁護士費用
2万円(消費税別途)
ロシアの企業から委託された業務の受託に関し、英文でのサービス契約書(英文で7ページ)を作成しました。弁護士費用
25万円(消費税別途)
日本とアメリカ企業との間のソフトウェア・ライセンス契約書(英文で8ページ)について、日本語訳を作成し、日本企業の要求2か所を英語で追加しました。弁護士費用
15万円(消費税別途)
ヨーロッパ企業に対する投資契約に関し、株式引受契約書(SPA)、新株予約権引受契約書、定款、株主間契約書、タームシートなどの契約書(合計英文で89ページ)のレビューを行い、サマリーを作成し、コメントを行いました。また、契約内容の確認のため、日本企業を代理して投資先であるヨーロッパ企業の代理人との間で意見交換を3回行いました。弁護士費用
95万円(消費税別途)
日本企業が中国企業から製品の素材を輸入するにあたり秘密保持契約書、売買取引基本契約書(いずれも英文及び和文)を作成しました。弁護士費用
25万円(消費税別途)

英文契約書にも様々なものがありますが、ほとんどのケースにおいては、依頼者の皆さんの中で契約書作成やチェックにかけられる予算が限られているので、一定の見積金額の中で作業を行ってほしいと要望されることが多くあります。企業の担当者も当然限られた予算の中で業務を行う必要があり、弁護士報酬が高額になって依頼をすべきかどうかについて悩まれることもあると思います。

私達の事務所では、原則として、依頼者の皆さんからの要望に基づき、見積書を作成し、依頼者の了解を得た後、弁護士の報酬金額を明示した委任契約書を締結してから作業に取り掛かりますので、弁護士報酬にかかる費用についてもできる限り依頼者の皆さんの要望に沿った形で進めていくようにしています。

但し、多くはありませんが、海外のジョイントベンチャーの設立や資本提携などにおいて、契約書の内容が複雑となり、何度も協議を重ねながら合意に至るケースもあります。このような場合には、費用も高額となり、固定フィーでの算定が困難ですので、タイムチャージによる請求にならざるを得ないことになります。そのような場合でも、できるだけ最初の段階からタイムチャージによるべきこと、推測されるだいたいの作業時間がいくらになるかなどを依頼者の皆さんと十分に打ち合わせをさせていただくようにしています。

英文契約書のご相談は、栗林総合法律事務所まで ホームページを見たとお伝えください 03-3539-2555 ご質問やお問い合わせはこちらから