契約期間の記載の仕方について教えてください

契約期間

契約期間については、契約の効力が生じるとき(契約の始期)と、契約の効力が終了するとき(契約の終期)を明らかにします。契約の始期から終期までの期間を契約期間(term)と言います。契約の期間が満了により契約の効力が終了することを契約期間の満了(expiration)と言います。これに対して契約期間の途中において契約を終了させることを契約の途中解除(Termination)と言います。ExpirationもTerminationも契約の効力の終了時期をさすものですが、契約期間の満了による場合と契約の解除による場合は区別して表現されます。

契約期間の更新(Extension)

契約期間が満了した場合に、契約が終了する場合と、契約が更新(extension)される場合があります。契約が更新される場合にも、反対の意思表示がない限り契約が自動的に更新される場合(automatic extension)と当事者の合意により初めて契約の更新が認められる場合(extension by the consent)があります。
 

契約期間(Term)に関する契約条項

The term of this Agreement shall be effective for a period of one (1) year commencing on the date this Agreement.
(訳)本契約は、本契約書の日付から、1年間有効である。

契約期間(Term)に関する契約条項(契約更新の例)

This Agreement shall become effective on the date first above referred to upon the signing of the parties hereto and shall remain in force and effect for and initial term of one (1) year. This Agreement shall be renewed for successive renewal terms of one (1) year, unless either party notifies in writing the other party of its intent not to renew at least ninety (90) days prior to expiration of initial term and/or any renewal term.

(訳)本契約は、当事者が本契約書に署名した日として冒頭に記載した日において効力が生じ、最初の契約期間として1年間有効で効力を有するものとする。契約の当事者のいずれかが他方当事者に対して文書により、最初の契約期間の満了日または更新された契約期間の満了日の少なくとも90日前までに、契約更新しない意思を通知した場合を除き、その後1年間更新される。

契約期間(Term)に関する契約条項(自動更新の例)

契約期間が満了した場合に、反対の意思表示がない限り自動更新されることをより明確にする規定

This Agreement shall become effective on the date which this Agreement is executed by the Parties hereto and shall, unless earlier terminated pursuant to any provisions of this Article, continue in force for five (5) years from such date, and thereafter shall be automatically extended for successive period of one (1) year each, unless either party shall have otherwise notified to the other party in writing at least six (6) months prior to the expiry of this Agreement or extension thereof.
(訳)本契約は、本契約の当事者によって本契約が調印された日から効力を生じ、本条に基づきその前に解除される場合を除き、5年間効力を有するものとし、その後については、いずれかの当事者が他方当事者に対して本契約の当初の期間の満了日又は更新された期間の満了日の6か月前までに文書により通知した場合を除き、自動的に1年間更新されるものとする。

契約期間(Term)に関する契約条項(合意がある場合にのみ更新される例)

This Agreement will commence on the Effective Date and continues in effect for two (2) years, unless terminated earlier in accordance with this Section 10 (the "Term"). If not sooner terminated, this Agreement will renew at the end of the initial Term for a further term of three (3) years (“subsequent Term”). The renewal of this Agreement for a subsequent Term is subject to the parties reaching prior written agreement on terms and conditions.
(訳)本契約は、第10条に基づき事前に解除される場合を除き、効力発生日から2年間有効である(「契約期間」)。より短い期間で解除される場合を除き、最初の契約期間の満了から3年間更新される(「更新期間」)。但し、更新期間への契約更新については、契約条件について当事者が事前に合意することを条件とする。

契約期間(Term)に関する契約条項(取締役会の承認がある場合にのみ更新される例)

This Agreement shall continue in effect until December 31, 2020, unless sooner terminated in accordance with its terms, and shall continue in effect from year to year thereafter only so long as such continuance is specifically approved at least annually by the board of directors meeting of both parties.
(訳)本契約は、契約条項に基づき早期に解除される場合を除き、2020年12月31日まで有効であり、その後は、両当事者の取締役会において少なくとも毎年度契約更新について特に合意される場合にのみ、毎年度ごとに更新される。

英文契約書のご相談は、栗林総合法律事務所まで ホームページを見たとお伝えください 03-3539-2555 ご質問やお問い合わせはこちらから