Confidentiality(秘密保持条項)について

Confidentiality Clauseとは

契約書の一般条項として秘密保持条項が記載されることがあります。秘密保持契約条項とは、契約書の存在や契約の履行過程で受領した秘密情報を漏洩しないようにし、また目的外で使用しないことを確認するものです。これとの関係で、契約終了時に秘密情報を返還したり破棄したりするなど、契約終了時の秘密情報の取り扱いについて定めることもあります。

Confidentiality Clauseの記載事項

秘密保持義務と目的外使用禁止は最低限記載すべき事項になります。これに追加して、秘密情報の定義、秘密情報に該当しない情報の定義、秘密情報へのアクセス制限、複製の禁止、契約終了時の返還または廃棄などについて定められることになります。

秘密保持契約書との関係

売買契約書やライセンス契約書とは別に秘密保持契約書が締結されることもありますが、秘密保持契約書は特に作らず、売買契約書やライセンス契約書などの基本契約書の中に秘密保持条項を入れることで済ませることや、秘密保持契約書を締結しておきながらそれとは別に秘密保持条項を入れることもあります。秘密保持契約書を締結しておきながら売買基本契約書やライセンス契約書の中に秘密保持条項を入れた場合、秘密保持契約書と秘密保持条項の関係が問題となります。当事者の意思としては、両方とも有効との解釈になると思いますので、当事者の意思に従い両方とも有効と解釈するのが素直であると思われます。但し、秘密保持契約書と秘密保持条項の間に矛盾が生じる場合は、後から作成されたものが優先すると考えられます。秘密保持契約書がありながら、契約書の中に秘密保持条項が挿入される場合は、それらの関係について定めておくのが好ましいと言えます。

秘密保持条項のサンプル - 1

Confidential Information.
(a) Each party acknowledges and agrees that any Confidential Information received from the other party will be the sole and exclusive property of the other party and may not be used or disclosed except as necessary to perform the obligations required under this Agreement.
(b) Upon termination of this Agreement, each party shall promptly return all information, documents, manuals and other materials belonging to the other party except as otherwise provided in this Agreement.
(訳)
秘密情報
(a)両当事者は、他方当事者から受領した秘密情報については他方当事者に独占的・排他的に帰属するものであり、本契約に基づく義務の履行に必要な場合を除き、使用または開示してはならない。
(b)本契約の解除に基づき、各当事者は本契約書に定めのある場合を除き、他方当事者に帰属する全ての情報、文書、マニュアル、その他の資料を直ちに返還するものとする。

秘密保持条項のサンプル - 2

Seller’s Proprietary Information
At the time of furnishing confidential or proprietary information, Seller will expressly designate by stamp or other written communication that the information or documentation furnished is confidential. Buyer agrees (i) to treat such information as confidential, (ii) to restrict the use of such information to matters relating to this Agreement, and (iii) to restrict access to such information to employees of Buyer whose access is necessary in the implementation of this Agreement. Confidential information will not be reproduced without Seller’s prior written consent, and all copies of written information will be returned to Seller upon request. The obligation under this Article shall survive for a period of five (5) years from the end of the warranty period as set forth in Article ● or termination of this Agreement for whatever reason.
(訳)
売主の秘密保持情報
秘密情報または財産的価値ある情報を提供する場合、売主は、提供される情報または文書が秘密である旨をスタンプ又はその他の書面により明示する。買主は、(i)当該情報を秘密として取り扱い、(ii)当該秘密情報を本契約に関連する事項についてのみ使用し、(iii)当該情報へのアクセスを本契約の履行において必要となる従業員に限るものとする。秘密情報は、売主の書面による同意がある場合を除き、複製してはならず、文書に記載あれた全ての複製については、売主からの要求に基づき売主に返還するものとする。本契約に基づく義務は、第●条に記載した保証期間満了時又は理由の如何に拘わらず本契約が終了した時から5年間存続する。

秘密保持条項のサンプル - 3

Confidentiality.
10.1 The term “Confidential Information” related to each party hereto (“Disclosing Party”) as used in this Agreement shall mean any information that is disclosed by the Disclosing Party to the other party (“Receiving Party”) in written, oral, electronic or other intangible form, related to the contemplated transaction hereunder, whether prior to or after the execution of this Agreement, and which is clearly designated as “confidential” at the time of the disclosure, and the terms, conditions and existence of this Agreement and the Individual Agreements (including, but not limited to, purchase price and resale price of the Product), and the fact that the parties hereto have executed this Agreement.
(訳)
秘密保持義務
10.1条 本契約書で用いられる各当事者(以下、「開示当事者」という。)の「秘密情報」とは文書、口頭、電磁的方法、その他の無形の方法により、本契約書に含まれる取引に関連して、本契約書の締結の前後に拘わらず、開示当事者から相手方当事者(以下、「受領当事者」という。)に対して開示されたすべての情報で、開示の際に「秘密」として明確に指定されたもの、及び本契約及び個別契約の条項及び存在(本製品の売買価格及び再販売価格を含むがこれらに限られない)及び両当事者が本契約書を締結したという事実をいう。

10.2 Notwithstanding Article 10.1, Confidential Information shall not include the following:
(1) any information that is publicly known at the time of the disclosure by the Disclosing Party;
(2) any information that becomes publicly known through no breach of this Agreement after the disclosure by the Disclosing Party;
(3) any information that is known by the Receiving Party at the time of the disclosure by the Disclosing Party; and
(4) any information that has legally been obtained by the Receiving Party from a third party with the right to disclose such information and to whom the Receiving Party owes no confidentiality obligation with respect to the disclosed information.
(訳)
10.2条 10.1条の規定に拘わらず、秘密情報には次の情報は含まれないものとする。
(1)開示当事者による開示の際に、すでに公知である情報
(2)開示当事者による開示の後に、本契約書に違反することなく、公知となった情報
(3)開示当事者による開示の際に、受領当事者がすでに知っていた情報
(4)受領当事者が、当該情報を開示する権利とともに第三者から合法的に得た情報で、受領当事者が当該第三者に対して開示された情報に関する秘密保持義務を負わない情報

10.3 The Receiving Party shall not disclose or leak any Confidential Information related to the Disclosing Party to any third party without obtaining the prior written approval of the Disclosing Party; provided, however, that the Receiving Party may disclose Confidential Information related to the Disclosing Party in any of the cases described below; provided, however, that any such disclosure shall only be to the extent reasonably necessary; and provided, further, that in the cases described in items (1) and (2) below, the Receiving Party shall impose obligations of confidentiality, which are substantially the same as those which the Receiving Party owes to the Disclosing Party hereunder. In the case of any disclosure of Confidential Information pursuant to item (3) below, the Receiving Party shall discuss the timing, means and content of disclosure with the Disclosing Party in advance, and promptly after disclosure of Confidential Information, inform the Disclosing Party of the contents of the disclosure.
(1) Disclosure of Confidential Information to any employee and director, statutory auditor or other officer of the Receiving Party, or that of its parent company, subsidiary or affiliate with a need to know such Confidential Information;
(2) Disclosure of Confidential Information to the Receiving Party’s lawyers, certified public accountants, tax accountants or other professional advisers with a need to know such Confidential Information; or
(3) In the case that the Receiving Party is obligated/requested by applicable laws to disclose Confidential Information to any court, administrative organ or any other public entity, or any financial instruments exchange.
(訳)
10・3条 受領当事者は、開示当事者に関する秘密情報を、開示当事者から事前に文書により同意を得た場合を除き、開示したり漏洩したりしない。但し、受領当事者は、次のいずれかに該当する場合は、開示当事者に関する秘密情報を開示することができる。但し、かかる開示は必要な範囲に限定されるものとし、(1)及び(2)の場合は、受領当事者は、本契約に基づき、受領当事者が開示当事者に対して負担するのと実質的に同等の秘密保持義務を課すものとする。(3)に基づき秘密情報の開示がなされる場合は、受領当事者は、タイミング、手段、開示内容について開示当事者と事前に協議し、秘密情報の開示がなされたのち直ちに開示当事者に対して開示の内容を知らせるものとする。
(1) 秘密情報を、受領当事者の従業員、取締役、監査役、その他の役員に対し、又はその親会社、子会社又は関連会社のこれらの者に対して、当該秘密情報を知る必要のある範囲において開示すること
(2) 秘密情報を、受領当事者の弁護士、公認会計士、税理士、又はその他の専門的アドバイザーに対して、当該秘密情報を知る必要のある範囲において開示すること
(3) 受領当事者が、適用のある法令に基づき、裁判所、行政機関、その他の公的機関に対して、又はいずれかの取引所に対して秘密情報を開示する義務を負う場合、または開示が要求されている場合

10.4 Upon expiration or termination of this Agreement or at the Disclosing Party’s request, the Receiving Party shall promptly return to the Disclosing Party, or destroy, all tangible materials (originals and copies) which include Confidential Information related to the Disclosing Party and shall erase all Confidential Information related to the Disclosing Party preserved in electronic or other intangible form, pursuant to the Disclosing Party's instructions.
(訳)
10.4条 本契約の期間が満了し又は契約が解除された場合、又は開示当事者からの要求があった場合、受領当事者は、開示当事者に関連する秘密情報を含んだ全ての有形の資料(原本及び写し)を開示当事者に対して直ちに返還し、又は廃棄する。

10.5 The obligations under this Article 10 shall continue for three (3) years after expiration or termination of this Agreement.
10.5条 10条に基づく義務は、本契約の期間満了又は解除の日から3年間有効に存続するものとする。

英文契約書のご相談は、栗林総合法律事務所まで ホームページを見たとお伝えください 03-3539-2555 ご質問やお問い合わせはこちらから