反社会勢力に関する規定について教えてください

反社勢力排除に関する条項案について

上場会社については、反社会的勢力に属しないことについての誓約事項を契約書に記載するよう要請があることから、国際取引契約を締結する場面においても反社会的勢力に関する条項を挿入することが検討されます。その場合、日本国内だけでなく、海外での暴力団への関与も排除する趣旨から、暴力団や総会屋にかえて、どこの国でも通用する表現を用いることが検討されます。但し、暴力団排除条項の内容は、海外の契約書では一般的ではありませんので、暴力団排除条項を契約に入れるよう日本企業の側から提案を行う場合が多いと思われます。

Anti-Social Forces(反社会勢力排除条項)の記載内容

Anti-Social Forcesの記載事項については、このように記載しなければならないという明確な定義はありません。一般的には、①反社会的勢力の定義、②反社会的勢力と関係を持たないこと、③契約の遂行過程において恐喝や暴力行為などの反社会的行為を行わないこと、④これらに違反した場合は契約が解除され、損害賠償義務を負うことになることを記載します。取締役、役員、従業員などにも同様の義務を負担させることを明確にするバリエーションもあります。

Anti-Social Forces(反社会勢力排除条項)のサンプル - 1

Neither the parties, or any of their respective directors, officers or employees falls under any of the following categories: (a) organized crime group, (b) member of an organized crime group; (c) associate of an organized crime group; (d) company affiliated to an organized crime group; (e) corporate racketeer, or (f) any other person/entity similar to any of the above.

(訳)いずれの当事者、その取締役、役員、従業員も、(a)組織犯罪グループ、(b)組織犯罪グループのメンバー、(c)組織犯罪グループの関係者、(d)組織犯罪グループの関係会社、(e)総会屋、(f)上記に類似する人又は法人のカテゴリーに属しない。

Anti-Social Forces(反社会勢力排除条項)のサンプル - 2

1 Each party represents, warrants and covenants that;
(1) It is not a member of an anti-social force, a corporation which has relationship with anti-social force, corporate racketeer, or associate member of anti-social force (“Anti-Social Forth”);
(2) Its officers and directors are not the member of Anti-Social Forth;
(3) It does not allow to use its name to Anti-Social Forth, or enter into any contract with Anti-Social Force.
2 Each party further represents, warrants, covenants that during the term of this Agreement it does not conduct by itself or make third party conduct the following acts;
(1) To use threatening behavior or violence to the other party; or
(2) To obstruct the business of other party by force or fraud, or damage reputation of other party
3 In case one of the party breach any of the first paragraph or second paragraph of this Article, the other party may immediately terminate this Agreement without any notice 

(訳)反社会的勢力排除
1 各当事者は、次の事項について表明し、保証し、約束するものとする。
(1) 自己が暴力団、暴力団に関係する企業、総会屋、暴力団の関係者(以下「反社会的勢力」という。)の構成員でないこと
(2) その役員及び取締役が反社会的勢力の構成員でないこと
(3) 反社会的勢力に名称の使用を許し、その他反社会的勢力と契約を締結するものでないこと
2 各当事者は、本契約の期間中、自ら次の行為を行わず、また第三者をして次の行為を行わせないことについて表明し、保証し、約束する。
(1) 相手方に対して脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
(2) 偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
3 当事者のいずれかが本条第1項又は第2項に違反した場合、相手方当事者は、何らの催告を要せずして、直ちに本契約を解除することができる。

Anti-Social Forces(反社会勢力排除条項)のサンプル - 3

10.1 Each Party represents and warrants that, as of the Effective Date and during the term of this Agreement, it, as well as its directors and officers and controlling shareholders, are not any of the following:
(a) a criminal/anti-social organization;
(b)  a member or affiliate member of a criminal/anti-social organization; or
(c)  a business affiliated with a criminal/anti-social organization, an organization/person which seeks to extort money from corporations by disrupting their shareholder meetings, an organization/person which uses social protest for extortionary purposes, a group of professionals/specialists affiliated with criminal/anti-social organizations, or other organization/person (or member of such organization) which engages in or seeks to benefit from violence, force, fraud, intimidation, blackmail, or other criminal/anti-social activities.

(訳)10.1条 本契約の効力発生日及び本契約の有効期間中において、いずれの当事者も、またその取締役及び役員、主要株主が、下記のいずれにも該当しないことについて表明し、保証する。
(a)犯罪組織/反社会的組織
(b)犯罪組織/反社会的組織の構成員又は準構成員
(c) 犯罪組織/反社会的組織、株主総会を妨害することで会社に対して資金を強要することを目的とする組織/人、恐喝を目的として社会活動を行う組織/人、犯罪組織/反社会的組織に関係する専門家/スペシャリストのグループ、又は暴力、武力、詐欺、脅迫、恐喝、その他の犯罪的/反社会的活動に従事する他の組織/人(又はかかる組織の構成員)との間におけるビジネス上の関係者

10.2 If either Party is in violation of the representation/warranty in the previous paragraph, (i) the other Party shall have the right to terminate this Agreement, with immediate effect, upon written notice to the violating Party, and (ii) the violating Party shall indemnify the terminating Party against any damages incurred in connection with such termination.

(訳)10.2条 もしいずれかの当事者が前項に規定した表明保証に違反した場合、(i)相手方当事者は、違反当事者に対して文書で通知することで、直ちに本契約を解除し、(ii)違反当事者は、解除当事者に対してかかる解除によって生じた一切の損害を賠償するものとする。

英文契約書のご相談は、栗林総合法律事務所まで ホームページを見たとお伝えください 03-3539-2555 ご質問やお問い合わせはこちらから